ヒアリングマラソンとは

ヒアリングマラソンとは何?

3,000社以上の企業で採用され、今までのシリーズ累計で100万人が受講している人気の英会話教材がヒアリングマラソンです。

英語の通信講座や学習書、オンラインサービスを提供しているアルクの人気通信講座の一つで、英語を身体へとしみこませることができます。

30年間以上に渡って寄せられた学習者の意見や識者の所見から、1年間で1,000時間の学習が必要だと判断しました。

その学習を徹底的にサポートしてくれるのがアルクのヒアリングマラソンで、英語力を総合的に高められるのです。

ヒアリングマラソンの効果や特徴について

ヒアリングマラソンがどのような通信講座なのか知ってもらうために、以下では効果や特徴について詳しく記載しました。

どのような効果が得られるのか疑問を抱えている方は、一度参照してみましょう。

・毎月新しく制作されているテキストを使用して世界で使われているリアルな英語を学べる
・英語コミュニケーションの場で役立つリスニング力を鍛えられる
・テキストやCD、ENGLISH JOURNALを使って生きた英語を学習できる
・映画やニュースなどを聞くことでどんなシチュエーションでも使えるオールラウンドな英語力を身に付けられる
・ディクテーションやシャドーイングといった練習でヒアリング力の向上を目指せる
・経験豊富な講師陣によるアドバイスや解説を参考にして学習できる
・毎月の終わりに実施されるTOEICテストで学習成果を確認してモチベーションを維持できる

有名なメーカーが提供している通信講座なだけあり、ヒアリングマラソンには様々な特徴があります。

ありとあらゆるシーンに応じて相手とスムーズにやり取りできるようなリスニング力を作れるので、53,784円で販売されているヒアリングマラソンで英語力の向上を目指してみてください。

ヒアリングマラソンでの学習の進め方について

英語教材の定番とも言われているヒアリングマラソンでの学習の進め方について、以下では詳しく説明していきます。

どの英会話教材も使い方が間違っていると本来の効果を得られず、レベルアップには繋がらないので十分に注意しましょう。

①毎月の最初に「マンスリーテキスト」と「ENGLISH JOURNAL」がCD付きで届く
②テキストのPDF版やWEB採点サービスに関しては「テストコ」からダウンロード可能
③付属のコースガイドを参考にしながら自分の英語力に合わせてスケジュールを組む
④課題文を聞いてライティング力を試す「ディクテーション・コンテスト」にチャレンジする
⑤翌月9日に締め切りの「マンスリーテストHEMHET」を提出してどの程度実力が伸びたのか確認する

上記のような学習の進め方がおすすめだと、ヒアリングマラソンの公式サイトでは記載されておりました。

リスニングからスタートし、スピーキング力やリーディング力、そしてライティング力も同時に高められるように学習を積み重ねてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です